カテゴリ: アイデア

何も考えないスパム対策

最近このブログにもスパムコメントが結構くるようになった。WordPressを使っているのでしょうがないけど、一度リストに登録されてしまったら頻繁にきてうざったくなってくる。

しょうがなので対策しようと思い至ったわけだが、ここでひとつ面白いスパム対策を紹介したいと思う。スパムは基本botが書き込みをするわけだけど、botは投稿用のURLを直接叩いてきたりするのでなかなか防ぎようがない。だから、人間しか読めないような文字を表示させて入力させるといった認証方式がよく使われるようになってきているけどめんどくさい。

そんなときは、「メールアドレスを隠す」やり方が楽だし簡単。コメントフォームからメールアドレスの入力欄を完全に消さないまでも、人の目から見えないようにしておく、1pxとか、display; none; くらいのサイズにしておく。

そうすると、人間はメールアドレスを入力せず、botだけなぜか入力するという現象がおきる。これをフラグにとって、

メールアドレスが入力された場合は投稿を拒否するようにする。とても簡単かつ効果的なやり方だったりする。

個人情報を持たないWebサービスの設計

Webサービスを作るにあたってどうしても考えなければならないのが、個人情報の取り扱いについて。メールアドレスや名前をもらっただけでもそれだけでも個人情報になるし、IDやパスワードを与えても個人情報になる。Webサービス自体はとてもおもしろいものなのに、信頼できないサイトだった場合使ってくれないこともしばしばある。

このめんどくさい個人情報の取り扱いをなんとかしてパスする方法はないものかとこの記事では考えてみることにする。

個人情報とは何か

Webサービスを作るにあたって最低限必要なものを上げてみる。

  • お名前
  • メールアドレス
  • ID
  • パスワード
  • セッションID

最低限、このくらいは必要になるだろう。最後のセッションIDというのは、今ログインしているかどうかを判断するのに使う。クッキーで保持されているもののことです。

では、この5つの項目をパスすれば、個人情報をもたないWebサービスを作ることができるのではないかと考えてみる。

コンセプト

そもそもなぜ個人情報が必要なのかというと、自分専用のページを持つということにつきると思う。マイページ。Webサービス上で自分という存在をアピールすることができることがどんなWebサービスにおいても共通解であると思う。例えば、はてなブックマークも自分がはてブしたりすることで、そのWebページに対してコメントを書き加えられる。チラ裏みたいなことができる。

そういったものを提供できなくては、Webサービスとして成り立たないのではない。だけども、それをやってしまうと個人情報を持つことになる。ではどうすべきか・・・、はい、考えました。

限定公開URLという考え方

ユーザーに対してあなた専用のページを与えるのではなく、URLさえ知らなかければ誰もアクセスできないページを提供するということです。IDやPWなどは一切必要とせず、その限定公開URLをユーザーに対して提供する。しかも、仕様上何個でも限定公開URLを発行できる。ボード

誰にもURLさえ教えなければ、それを自分専用に使うこともできるし、他の人に共有することもできる。

限定公開URLにとどまらない

しかも、URLに限定することも実はなくて、「アイデンティケーションコード」を一つだけ持っていればそのコードに対してAPIによってPOSTしたりGETしたりすることによって、例えばChrome拡張にそのコードを登録するだけで、使えるようなサービスが運用できる。ちなみに、アイデンティフィケーションはIDの略なので、IDCODEという意味になってしまうが、ここはIDとは差別化したいのでそう呼ぶことにした。

ボード

この限定公開URLによって運用するWebサービスのことをこの記事では以下「ボード」と呼ぶことにします。限定公開URLがひとつのボードとして提供されるという意味からです。

問題点

ただ、ボードを提供するにあたって問題点となるのはやはり、限定公開URLなのにもかかわらず、第三者によって傍受されてしまう危険性があるということ、なので日記サイトとか、個人情報に密接に関わりそうそうなWebサービスはできるだけ避けたほうがいい。HTTPSを使わない場合は、更にそのリスクが高まる。

ではどんなWebサービスがいいのか

診断メーカーなどは、名前(ニックネーム)を入力するだけですぐに結果がもらえる。そういったWebサービスであれば、個人情報を持つリスクが最小限に抑えられる。

OAuthというやり方も

実はHTTPSを使わくてもある程度個人情報を保護できるやり方があり、OAuthを使ってログインすると、限定公開URLを使わなくてもある程度安全なWebサービスを運用できる。診断メーカーもそのうちの一つ。