仕事が落ちついでなどいなかった

もう4ヶ月もたつみたい。非常にまずい。

経理が思ったよりも時間がかかって、2ヶ月以上も経理をし続けている。そもそも弥生会計からfreeeへの移行、というだけでも非常に大変なのだ。

最初は弥生会計のデータをインポートすれば、それですむと思っていたが、そんな甘い話はなかった。弥生会計のデータは、空っぽだったのだ。

税理士に記帳を依頼していたが、税理士は記帳など1ミリもしていなかったのだ。弥生会計を開いてすらいないレベル。

数年分の記帳をすべて行う覚悟が求められた。

そもそもfreeeを使ったことがなく、1から記帳していく必要があった。まず、口座明細と、取引で別ということを知らなかった。ちゃんとfreeeのドキュメント読んだのに、違うんだよって最初に書いててもいいのに、書いてなかった。

freeeは明細にまず記帳して、それを「自動で登録」で登録する、この流れ。先に取引を手動登録するとあとで死ぬ。死んだ。

口座明細を詳細に登録すると、それが元データとなって「自動で登録」ができるようになるのだけど、この時にfreee独自の機能で、消込ができる。しかし、明細を作らずに登録した取引は、もちろん消込なんてできないから、大量の重複が発生した。消込機能を使ってない「+更新」ボタンを使ったり、手動で決済登録してしまった過ちの取引をすべて消して、自動で消込機能で消し込んでいく。

freeeの取引は、 「発生」と「決済」で別れてる、2つの仕訳で1つの取引ってのはそのあたりで理解しはじめた。はじめは決済は手動登録なのだと思ってた。というか、発生と決済が同日で行う、とも思ってた。

すべて間違っていた。

発生も決済もすべて明細がすべての正義であり、明細からの登録が必要なのだ。取引を決して手動で登録してはいけない、登録するのは社会保険料の発生日くらいだ。

そんなこんなで、freeeマスターとなった自分は、記帳を終えたのだった。


つらい。