いつのまにか

 ほんとにいつのまになんだろうか,とある日,超高速勉強術という本を読みました。この本は,勉強を速読で行ったり効率よくする方法について詳しく説明しているのですが,そのときは,ちょっと納得したくらいで本気でその方法を試そうとは思っていませんでした。

超「高速」勉強術 (成美文庫)

超「高速」勉強術 (成美文庫)

 しかし,それから普通にいろいろな本を呼ぶたびに,「速読してみようか」という気になり,目をぱっぱっと文と文を切り替えるようにして読んでいたらいつのまにか速読ができていました。

 最初はほんとに「形」だけだったのに,今気づくと1ページをずらーっと流し読みするだけで大体の内容が理解できてしまいます。

 ただ,瞬間暗記ではないので本文に出てきた細かい単語をしっかり暗記するところまではできないのですが,理解したという気持ちにはなります。

 それも,ちゃんとした理解で,たまに読んだ本の内容を思い出したり,本に出てきた単語に触れる機会があると,その意味が浮かんできたりすることがあって,本当に理解しているんだなーと感じることもしばしばあります。

 速読というものは,見よう見まねでも少しずつでもできてくるものなのですね。