ググるって大事だよね

 私がGoogleを利用するときは,きまってプログラミング,パソコンの周辺機器やデジタルオーディオプレーヤーなどのことについて調べています。このように,なぜか調べものをするときはIT関連やパソコン関連のことばかりで,もっと根本的なより生活らしいことについてなかなか調べる気が起きません。

 それ以前に,生活のためになるような知的な検索のワードを思いつくことさえできないような気がします。

 食わず嫌いのような,ネットにはパソコンのことしか解説しているページはない!とまで考えてしまうほどに。

 そこでちょっと,思考を転換してみようとこれらのことについて意識してみました。

    • 自分の生活に近いもの
    • 自分の環境に役立つもの
    • 少しでも興味があるもの

 これらに対して,今自分に一番関心のものだけではなく,ちょっとだけでも心に残っているものにたいして徹底的に検索をかけてみることにします。

 私は,最近モラルやマナーなど社会秩序に関する様々な本を読んでいます。良い文章の書き方の本であったり,良い話し方の本であったり,マナーも含め何冊かの本をあわせて読んでいます。

 そこで,これら今読んでいる本について意見を交換したいと思い,「読書 SNS」でググってみることにしました。

すると

 

がヒットしました。SNSというのは,自分の日記を人に見せたり,それにたいして返信できたりするブログの集合体のようなものでそれじたいがコミュニティになっており,現段階のウェブサービスでもっとも意見交換ができるサービスです。

 このSNSで,特に読書について取り扱っているサイトはないかということを今調べたわけです。調べる前は,正直あるはずないとは思っていたのですが,これは検索してみるもので意外とあったりするものなのです。

 自分の趣味だけに没頭せず,それだけを見るんじゃなくて,ちょっと興味を持ったようなものでも調べてみれば自分の世界が広がるような気がしました。

 さて,どのSNSを選ぶか迷うところです。