マストドンのサーバー構築は鯖缶工場に聞いてみよう

この記事は1分ほどで読めます。マストドンのサーバー構築支援コミュニティ、鯖缶工場についての紹介記事です。

マストドンのサーバー構築は、以前と比べてスタートアップスクリプトの登場でとても簡単に構築することが出来るようになってきました。

それによってお一人様インスタンスと呼ばれる一人だけのサーバー管理者も増え、連合でゆるい繋がりを楽しんでいます。

サーバー管理者は、愛称として鯖缶と呼ばれるようになり、今ではたくさんの鯖缶たちが今日も連合の中を流れています。

しかしスタートアップスクリプトで楽に構築してみたものの、サーバーが重くなったり、アップデート対応をしてみたり運用はなかなか大変なものです。そういうときに一人だと不安でしょうし、スクリプトに頼らずゼロから構築してみたい人もいるでしょう。

そこで今回は、そんな鯖缶たちを支援する、鯖缶工場の紹介をしたいと思います。

鯖缶工場とは?

鯖缶工場といっても、実際の工場ではなくDiscordチャンネルになります。
たくさんの鯖缶が集まっており、インスタンス(サーバーのこと)を運用する際にわからないことを質問したり、構築のお手伝いをしています。
特に、自分の手でゼロからインスタンスを建ててみたいといった方!大歓迎です!

サーバー構築の支援では、VPSの場合は最適なディストロの選択、構築手順やトラブルシュートのアドバイスをプライベートチャンネルにて行っています。
3人の鯖缶さんがアサインされ、直接お手伝いしてくれる形になります。ただボランティアのため、必ず立候補されるかはその時にならないとわかりません。

事前に、どれくらいのLinuxなどのコマンドスキルがあるか説明があると、鯖缶さんたちは安心してアサインするかもしれません。

鯖缶研究室

他にも、鯖缶研究室という部屋があります。ここでは、鯖缶同士のインスタンスの構築に関する雑談が日々行われています。構築支援のほか、鯖缶同士の情報共有も行われているんですね。

鯖缶工場に入ってみたい

鯖缶工場には、アビス丼の管理人の固定されたトゥートから入ることが出来ます。

https://abyss.fun/@guskma

特に挨拶ルールなどはないため、安心してご参加ください。