[WIP] Google+閉鎖騒動時系列まとめ

この記事ではGoogle+の閉鎖における流れをまとめていきます。
基本的に日本界隈で観測した事象です。

2018-08-24

2018-10-08

  • 米国時間10月8日
  • Google Cloud Next カンファレンスで 個人情報の流出を理由として Google+の終了が宣言された

2018-10-09

  • 移民先(Google+民)候補として、「pluspora.com」があげられ、お試しでアカウントを登録する人が続出
  • Twitterへの移動が大部分を占め、pluspora.comもそれなりにアクティブなユーザーがいた
  • また一部ユーザーはmastodonに定着している

2018-10-10

  • pluspora.com がアクティブ化よりユーザーが増える

2018-10-12

  • pluspora.com は diaspora* であるため、他のPod(別サーバーのこと)からGoogle+からたくさん人が公開投稿したことにより公開アクテビティがの投稿数が増加し「騒がしくするな」「diasporaらしく振る舞ってほしい」「diasporaはGoogle+ではない」「ラベルをつけてくれ」とのお願いが散見された
  • それを気にして、限定公開の投稿になるものの限定公開では「リシェア」機能がつかえないため移動ユーザーの間で不満が募る
  • 制限されることを望んでいないため、公開投稿に戻し投稿する人が増える

2018-10-13

  • pluspora.com微妙・・・みたいな声が聞こえ始める
  • 新たな移民先として「www.mewe.com/」が発見される
    • G+と似ているかんじ
    • エロ禁止のため見送る人多数
    • 15:47 人が急に増えたことが原因なのかサービスが落ちてしまう
    • 16:00 急に軽くなった。サーバーが増えたのかもしれない

2018-10-14

2018-10-15

  • MeWeのグループがたくさんできはじめる

Dockerをアップデートした

何をしたのか

docker-engine から docker-ce へのアップデートです。結構一気に上げました。

はじめに

sudo apt-get remove docker docker-engine docker.io

もう消してしまいます。スッカラカン。
でも永続化データは、 ちゃんとDockerコンテナも使わずにエイリアスでディレクトリ指定していました。なのでファイルが消えることはありませんでした!

残作業

apt-get update
apt-get install linux-image-extra-$(uname -r) linux-image-extra-virtual
apt-get update
apt-get install apt-transport-https ca-certificates curl software-properties-common
curl -fsSL https://download.docker.com/linux/ubuntu/gpg | sudo apt-key add -
apt-key fingerprint 0EBFCD88
add-apt-repository "deb [arch=amd64] https://download.docker.com/linux/ubuntu \ $(lsb_release -cs) \ stable"
apt-get update
apt-get install docker-ce
apt-get install docker-ce=18.06.1~ce~3-0~ubuntu

あとはもうこれで動いているみたいです。
もちろん中のコンテナは空。docker-compose up -d し直します。

気をつけること

volumesでエイリアス指定してるからと安心しきってたら、実はコンテナ作り直してなくてずっとコンテナの中に永続化するはずのデータが閉じこもっているかもしれないので気をつける。

Google+が終わるかもしれない

Project Strobe: Protecting your data, improving our third-party APIs, and sunsetting consumer Google+ https://www.blog.google/technology/safety-security/project-strobe/

Action 1: We are shutting down Google+ for consumers.

なぜ終了に・・

原因は、人気の無さ・・というのは建前だろう。もしそういう理由ならGoogleはもっと早くに潰していた。
情報が一番の収益だったGoogleも、今では様々な領域で急雨成長を遂げデータだけが全ての企業ではなくなってしまった。

それでもデータを大事にする企業感がGoogleにはまだあると思っているし、そのためにもSNSは続けていったのだと思う。それでも、Google+のAPIは大規模なものになっていて、メンテもしずらくなり情報漏洩の原因になってしまったことが今回の原因だろう。

移行先

実は、Google+のようなゾーニングができるSNSはFacebookくらいしかない。しかしFacebookは、投稿が見える見えないというゾーニングのロジックが「いいね」などの別な意味合いのものに置き換えられて表現されている。実際どの投稿が見えて、どの投稿を見せなくしているのかという設定がよくわからない状態になっていて、そういったわかりやすさの面ではGoogle+のほうが良かった。そして、Facebookは実名登録、昔もGoogle+も実名登録だったけど今では大丈夫になった。

匿名性がない以上、移行先として検討はできない。
つまり、ないのです。

ないのです。。

南部鉄器を買った

南部鉄器を買いました!

南部鉄器調べれば調べるほど奥が深いですね。伝統工芸品として有名ですが、その機能性と栄養面も含め、デザインも進化し便利になってたんですね。。
家の調理器具をすべて南部鉄器に変えようと決めました・・w

鉄分が摂れる

アルミやステンレス鍋は体によくないという(諸説あります)話を聞いて、避けていたのですが鉄製の鍋だと鉄分が取れるらしい!
献血で鉄分が足りてないことがわかったので鉄分サプリをとっていたのですが、これで補えます。

しかしメンテナンスが大変?

南部鉄器は、他の料理器具と違いメンテナンスが大変のよう、調べてみたところ

  • 洗剤は使わない
  • 金属タワシで洗わない

あたりが禁則事項で、これは鉄鍋に油のコーティングがあり、それを剥がさないようにするためだそうです。
焦げ付きの防止になるそう。

もしも、焦がしてしまったときは、

  • お湯を2回茹でる

ことで、きれいになりました。
このときに、油のコーティングが剥がれないようにするのがポイントっぽい。

使うとき

  • 強火で煙がでそうなくらいまで鉄を温める
  • 油を入れる

使い終わったとき

  • 水だけで汚れを落とす
  • 使用後は空焚きをして水分を飛ばす(30秒くらいで終わる)

こんなかんじで使っていけば、サビずに使えるようです。
油のコーティングが大事なようなので洗剤厳禁というのが重要なところですね。

火力は?

真ん中の弱い火力が出るバーナキャップのほうを使って調整すると良さそうです。
普通の大きさのバーナキャップだと弱火でも焦げます。

蓋を開けるとき

ステーキ皿 についてるステーキ皿用ハンドルがあれば楽に開けられます。

味は?

多少焦げても、むしろうまいかんじの焦げでぜんぜんいけました。
焦げが気になるなら下に肉を敷いて上に野菜を置くと良いかも。
すぐに野菜にひが通るし、ちゃんとメンテすれば便利使えそうだった。

テフロン加工の消耗品よりも、メンテでむしろ味が強化していくタイプの調理器具、かっこいい。

マストドンのサーバー構築は鯖缶工場に聞いてみよう

この記事は1分ほどで読めます。マストドンのサーバー構築支援コミュニティ、鯖缶工場についての紹介記事です。

マストドンのサーバー構築は、以前と比べてスタートアップスクリプトの登場でとても簡単に構築することが出来るようになってきました。

それによってお一人様インスタンスと呼ばれる一人だけのサーバー管理者も増え、連合でゆるい繋がりを楽しんでいます。

サーバー管理者は、愛称として鯖缶と呼ばれるようになり、今ではたくさんの鯖缶たちが今日も連合の中を流れています。

しかしスタートアップスクリプトで楽に構築してみたものの、サーバーが重くなったり、アップデート対応をしてみたり運用はなかなか大変なものです。そういうときに一人だと不安でしょうし、スクリプトに頼らずゼロから構築してみたい人もいるでしょう。

そこで今回は、そんな鯖缶たちを支援する、鯖缶工場の紹介をしたいと思います。

鯖缶工場とは?

鯖缶工場といっても、実際の工場ではなくDiscordチャンネルになります。
たくさんの鯖缶が集まっており、インスタンス(サーバーのこと)を運用する際にわからないことを質問したり、構築のお手伝いをしています。
特に、自分の手でゼロからインスタンスを建ててみたいといった方!大歓迎です!

サーバー構築の支援では、VPSの場合は最適なディストロの選択、構築手順やトラブルシュートのアドバイスをプライベートチャンネルにて行っています。
3人の鯖缶さんがアサインされ、直接お手伝いしてくれる形になります。ただボランティアのため、必ず立候補されるかはその時にならないとわかりません。

事前に、どれくらいのLinuxなどのコマンドスキルがあるか説明があると、鯖缶さんたちは安心してアサインするかもしれません。

鯖缶研究室

他にも、鯖缶研究室という部屋があります。ここでは、鯖缶同士のインスタンスの構築に関する雑談が日々行われています。構築支援のほか、鯖缶同士の情報共有も行われているんですね。

鯖缶工場に入ってみたい

鯖缶工場には、アビス丼の管理人の固定されたトゥートから入ることが出来ます。

https://abyss.fun/@guskma

特に挨拶ルールなどはないため、安心してご参加ください。

プロジェクト管理のcasicaが凄かったので広めたい

これまでプロジェクト管理サービスとして、Redmine、BackLog、JIRA、Trello、PivotalTrackerなどを触ってきておりまして、最終的にJIRA + JIRA Agileに落ち着いたところではあったのですが、ここ最近 casica.io というニューフェイスが現れたので触って見ることにしました。

casica.io のスゴさ

それがめちゃくちゃ凄かったんです。普段アジャイル開発をしていて一週間のスプリントでのベロシティを確認しつつスケジュールを図るような仕事をしているのですが、その点では JIRA + JIRA Agileに満足していました。
しかしひとつ欠点があり、親タスクと子タスクが課題タイプが違うだけの対等なチケットになっていて、これは他のプロジェクト管理ツールでもよくあることなんですが親と子がうまく連動してくれません。
Agileは ストーリータスク が別れていて、ストーリー対してタスクが紐付いているものです。この分離がうまくされていないことによって、タスクがゾンビ化してストーリーだけが先行して完了状態になってしまっていたり、たタスクが全て終わっているのにストーリーは生きたままになっているといったようなことがよく起きます。
あまりにつらいので、JIRA + Agile での開発においてはストーリーのみに絞るか、タスクだけを作って細かく分解していき、ストーリーの代わりになるものはエピックかバージョンで管理ということになりました。

タスクの分解 → ストーリーが混ざり合う

ストーリーとタスクがうまく整理されていないと起こるのですが、(JIRAの親子タスク機能が使いづらいのもあれなんですが)、本来は一時間くらいで終わるくらいまでにはタスクを分解しないといけないのにそれが仇となってタスクがかんばんを覆い尽くすのです。
どれがどのストーリーに紐付いているのかぱっとみ追いづらい、かといって子タスクは作りたくない(JIRAで子タスクの管理はめんどくさかった)という状態に陥ってしまった。もう、我慢するしかないのか。気づけばタスクの粒度も荒くなりストーリーしかなくなってる。

casica.io ヤバイ

ここまでさんざんJIRA Agileの愚痴みたいになりましたが、この辺の悩みをすべて解決してくれるのがcasicaでした。
まず、かんばんがストーリーとタスクで別れている。ストーリーではストーリーことだけ考えれば良くていつのスプリントでどのストーリーをやるかスケジュールを決められる。シンプル。
関心事の分離というやつですね。
そして、タスクでは、太字でわかりやすくストーリー名が書かれてあってフォルダ分けされているような表示になる。すべてのタスクがかんばんを移動すれば、ちゃんとストーリーも勝手に移動してくれる。
どのタスクがどのストーリーに紐付いていていまどんな状態なのかが非常においやすい。もうJIRAをカスタマイズする必要さえないと感じた。

結論

デザイン大事ですね。

VRのゲームデザインに関する考察

この記事はゲームデザインアドベントカレンダー 15日目の記事です。
最近VRに興味があり、VRゲームの開発に着手しようとし始めている段階なのである程度そのあたりに関してまとめたいと思います。

今年はVRイベントが多かった

ここ一年様々なVR系のイベントに参加して、生でVRゲームをやっている姿を見てきました。東京ゲームショーのVRコーナーの広さには大変驚きました。体感型アトラクションのものや、スマホでARと組み合わせてVRを実現させたものなんかもありました。アクション系ゲームが殆どでとてもおもしろそうなグラフィカルなものが多かったですね。

VRといえばFPSゲーム?

東京ゲームショーで特に展示が目立っていたゲームはFPSでした。銃を持ち、二丁拳銃を打つ。自分は少しだけしか遊べませんでしたが、ねらった方向に銃弾が飛んで行くのはなんとも新鮮な気持ちでした。VRなら、とりあえずFPSゲーム・・・といったところが現状のトレンドだと思います。

VRの基礎的なゲームデザイン

VRだからこそ出来るといった部分がVRにおけるゲームデザインの非常に重要なところだと思います。
さて、VRゲームと聞いてどういったゲームを思い浮かべるでしょうか?
FPSゲームの他にも、立体空間上でのパズルゲームも多いですね。神様視点で空から眺めてステージ上の問題を解決していくストラテジーゲームやボードゲームにも相性がいいかもしれません。
VRなどではよくこういったゲームが多くありますが、こういったところから共通点を探していけばそれがVRの基礎的なゲームデザインになります。

無限に広がる画面

まずはこれ、これまでのゲームは画面で見える範囲が限定されていました。VRも視野の範囲は決まっているんですが自分に首を動かしたりすることでどこでも見えるためオブジェクトをどこに配置するかといった制限がありません。もちろん真後ろは難しいですが、大きなオブジェクトを使うようなゲームがとても映えます。例えば、足元しかみえないくらい巨大なモンスターを倒すようなゲームなどですね、移動したり首をたくさん動かしてその姿をなんとか捉えようと試みるはずです。

自分の体を実際に動かす

VRは、2つのコントローラーがあり両腕の役割をします。(スマホVRの場合はない)VRの世界における自分という存在は目と左手と右手があり、しゃがんだりすることによって実際にVRの世界でもしゃがむことが出来ます。そして、しゃがんだ状態から左右の手を動かすことができます。
しかし、移動は苦手です。移動はジェットパック型PCでも持ってない限り、1歩、2歩が限界でしょう。WinMRなどではコントローラーについているタッチパッドのようなもので移動をします。
意外とこの制約が大きいのでゲームデザインを工夫する必要があります。

自分の体を実際に動かす 〜応用編〜

しゃがむ行動は、VRの世界と現実の世界でほぼ間違いなくリンクするアクションです。このアクションをうまく利用することによって没入感を高めることが出来ます。例えば、しゃがんで手を沢山動かす行動といえばどんなことを思いつきますか? そうですね、よくあるのだとアサリ狩りですね。砂を延々と掘るだけのアサリ刈りVR。やってみたくはないですか?
ゲームデザインとして、掘るとたまにアサリ以外の面白いアイテムをゲットできたりしたらユーモアがあるかもしれません。

目で見えているアイテムの移動速度

これは銃弾などのことで、あまりにも銃弾の弾速が早すぎると避けることさえできないのです。そして、どこから撃ってきたのかも音以外では知ることができなくなります。
なのでVRのゲームデザインを考える場合は銃弾の速度はやや遅めでぎりぎり避けられるかくらいの速度にするところがポイントです。また、銃弾を撃ったあとに煙が尾を引くような演出をすることによって、どこから銃弾が打たれたのか把握しやすいようにしてあげることが大切です。未来の武器という設定であれば、空間が歪む系の武器でその武器が放たれた空間が若干歪んで見えるみたいな演出も最高ですね。

自分の見えているものを勝手に動かさない

これは酔いの対策です。いま自分が見えているものをなるべく勝手に動かさないようにすることです。乗り物にのっていたり、シーンが急に変わったりするようなものは苦手です。

画面オブジェクトについて

画面に固定させているオブジェクト(UIなど)は、首を動かしてから数ミリ秒経過してから自分の目線に追いつくように配置します。これはおそらくなんですが視差の対策で目の疲れを低減させます。

✚ について

画面の真ん中にあるターゲットマーカー、クロスヘアのことです。これは絶対に空間上の固定座標に配置させるといったことはしないでください。画面の真ん中が、プレイヤーが見ている物なので現実世界では本来はピントは真ん中のものに合うはずなのですが、その物とクロスヘアの位置がずれていると視差が発生して目にものすごく負担がかかります。クロスへアと真ん中に写っているオブジェクトの距離を一致させ、むしろオブジェクトのテクスチャにピタッとくっつけます。

基礎的なところではこんなところでしょうか。
では最後に、VRでとくにこだわって欲しいゲームデザインについて書いていきます。

グラフィックについて

VRの世界で最も重要なのは没入感を高めることだと思います。そのために必要なのは美麗なグラフィックだけです。
今そこに自分が存在しているんだと、そう思わせることが大切だと思います。ゲームデザインというよりも空間デザインに近いかもしれません。
ジャングル、ピラミッドの中、スカイツリーの天辺、温泉、海の中、宇宙、宇宙(すごい速さで移動している)、浮遊都市、普段行けないようなところをステージにしてみるのもなかなか醍醐味があります。

シミュレーション

美麗なグラフィックととても相性がいいのがシミュレーションゲームです。
アドベンチャーではなくシミュレーションです。これは神様視点のものではなく実際にそのシュミレートされた世界の中に自分がプレイヤーとなって入り込むようなものに限定します。
実際にその世界で行動することによって、世界全体が変化していく。スマホなどのシミュレーションゲームは、神様視点で世界の成長を眺めていましたが、VRではその世界に入り込み没入して体感することができるのです。

このシミュレーションをベースに、ゲームデザインを考えていくとVRの楽しさを作り上げいくことができると思います。

カテゴリー: AR, VR

スマホを落とさない技術

ズボンの左か右ポケットに入れる

後ろのポケットや、ジャケットには入れない。何らかの拍子に飛び出して落ちることがある。

カバンに入れない

財布を取り出そうとしたタイミングで落ちたりするので、カバンには入れない
対策としてカバンの横にスマホ専用ポーチをつけておくと良い

スマホを持たない

スマホを持たなければ、落ちない

はてなブックマークのホッテントリがほぼ機能していない件について

アフィリエイトサイトの食い物に

結構昔はお世話になってたんですが、最近ではSEOの食い物にされているなぁという感想しか出てこない。特に、アフィリエイトサイトなどで、何らかの方法ではてなブックマークを大量につけているメディアが目立つようになってきた。アフィリエイトでもとりわけ還元率が高いクレジットカードなどのブログ記事がよく流れてくる。

Yahooのトップページがホッテントリ入り

ある日、Yahooのトップページがホッテントリ入りした。原因はスパムアカウントと思われるアカウントが大量にハテブをしたことが原因。おそらく何らかのハテブを自動的につけてホッテントリ入りさせてくれる情報商材系ツールが、お試しで使われているように見える。

これからも増え続けてきそう

もし、このはてぶ自動増殖ツールXがこれからも使われ続けて、はてなが対策しなかったらホッテントリは意味をなさなくなってきそう・・。

もしもレコメンド型ニュース系アプリがAIスピーカーに参入したら

AIスピーカーについて

日本でもGoogle Homeを初め、AIスピーカーが普及し始めてきました。音声認識や音声合成の技術は、各社が開発しやすいように用意されているようです。
まだ、日本で登場して間もないですが、いち早く食べログによる近くのおすすめのお店を教えてくれる機能や、ピカチュウと話しかけるとピカチュウと会話できる機能(Google Home)おもしろい機能も増えてきました。その際、AIの声も変わるのでAIが交代して話しているように聞こえるので面白いです。

ラジオDJ AI

さて、こうしたAIスピーカーですが、最新のニュースや話題を音声でお届けするニュースAIももちろんありますが、それは予め用意された原稿をAIが読み上げているにすぎない状態です。こうしたAIによるニュース配信が、もし個人に特化したニュースや話題の提供に進化したとしたらどうでしょう。すでにアプリ市場では、スマートニュースやグノシーなどが個人の趣味嗜好に特化したニュースや話題の配信を行っています。そのように、ニュースや話題の配信を個人にレコメンドして配信できたら朝の時間を有意義に過ごせるように思うのです。